肺がんのサインを見逃すな!早ければ免疫療法で死滅させられる

検査をする場所

肺がんの検査をしたいけど、どこでやればいいのかわからないという時のために集団検診と病院の検診を比較してみました。どちらも検査内容に変わりはありませんが早く検査をするか、年に一度の集団検診に頼るかで運命は変わります。

病院の検査と集団検診の違い

集団検診

実施場所は、小学校や会社の敷地内ですが、場所が確保できない場合は他の健康関連の施設にて行ないます。X線を利用して胃がん、肺がんのチェックを行い喀痰が見られれば細胞診をします。年に一度大勢の方を一気に検診するため、費用は病院よりも少なく設定されています。

病院

会社で行なう健康診断は一年に一度ですが、病院の場合はいつでも受け付けています。肺がんの症状が出ている場合も会社の健康診断を待たずに詳しい検査が受けられるでしょう。検査内容にそれほど違いはありませんが、結果は集団検診より非常に早いといえます。もし、肺がんだった場合その場で入院、治療ができますから放置して死に至るリスクも少なくなるでしょう。

気になる症状と原因

医師とナース

症状について

肺がんの症状に咳がありますが、風邪と似ているので放置されがちです。あまりに長引く咳は肺がんを真っ先に疑った方がいいでしょう。症状が進むと血が混じった淡が出てくるので早急に検査を受けた方がいいです。

気になる原因

たばこもそうですが、長年の研究で大気汚染も肺がんの原因なのではと囁かされています。予防にマスクも効果的とみえますが、はっきりとしたことはわかっていません。また、食べ物で肺がんを予防できる話があるものの、真意の方がわからずじまいです。しかし、たばこを吸う人の方が何倍もなりやすいので禁煙は早急にすべきと考えます。もし肺がんになった場合には、免疫療法と呼ばれる治療法があるので諦めずに治療しましょう。

広告募集中