直腸がんは自分で予防できる。その方法を伝授します。

予防を心掛ける

ドクター

食生活を改善する

直腸がんを予防するためには、まず生活を送る時に注意することです。例えば、動物性たっぷりの食事を減らし、野菜を多く摂ることです。植物繊維は便を柔らかくする効果があるので、慢性的なお腹のハリを改善することができます。規則正しい生活を続ければ、腸に与える負担も少なくなるでしょう。

乳製品を多く摂る

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、胆汁酸を参加させる細菌の量を減らす役割をします。さらに、二次胆汁酸と合体して外に排出する作用もあるので、食べることで大腸がんを予防できるのです。

定期健診を受ける

便が細くなったり、血が混じるようになると直腸がんがかなり進んでいる証拠です。放置すると、腸の大部分を失うことになるでしょう。そうならないために、大腸がんの検査は毎年必ず受ける方が命を守れるのです。

運動を取り入れる

肥満体型の人ほど、大腸がんにあるリスクがあるので要注意ですよ。予防策として重要なのは適度に体を動かすことです。自然と体重が減り、お腹の調子もよくなるでしょう。始めから激しく体を動かさず、軽く歩く程度から始めます。

広告募集中